【インタビュー動画付き!2019年7月 +449.6pips】広島の兼業トレーダーMくん

とりあえずブログランキングのクリックをよろしく!

コンサル受講日:2018年8月4日(土)~5日(日)

2019年7月度の成績

8勝 41敗 勝率 16.3% 合計 +449.6pips
平均利益幅 +91.9pips
平均損切幅 -7.0pips
損益比率 13.2:1

この数字を見ると負けトレーダーの紹介をしてるように思われるかもしれないけど、正真正銘の勝ってるトレーダーの紹介だ。コツコツ勝ってドッカーンと負けるのが負けトレーダーの共通点。勝つためにはその真逆をやればいい。その通りの成績になっていることが分かる。

バルサラの破産確率表(リスク1%計算)

第1週

第2週

第3週

第4週

第5週

合計

通貨ペア別

曜日別

週別

コメント

2018年8月にMくんのコンサルティングを行い、その後の過去検証はとてもスムーズなものだった。検証は丁寧だし、売買ルールに対して正確に検証していた。Mくんが会社員ということもあり、検証できる時間が限られているため、実弾でトレードできるようになったのが2018年11月第5週からだった。

2018年の年末までトレードしてみたが、過去検証でやったようなパフォーマンスが見られない。2018年はマイナス279.8pipsという惨敗の成績に終わってしまった。2019年の正月にSkypeから連絡があったんだ。どうしても勝てなくて凹んでいた。

Mくんのトレード内容をよーく見てみると、重要な欠点が見つかったんだ。

  • 既に出来上がったきれいなトレンドでエントリーしている。
  • エントリーの時間帯が日本時間の深夜(NY時間)に集中している。
  • 夜に酒を飲みながらトレードしていた(爆)

日本でまことしやかに囁かれる〔FXの常識〕でいうと、全く問題ないように思われるかもしれない。だが、俺の売買手法ではとても不利なトレードとなる。会社員だから昼間はチャートを見れないことも多いだろう。それでもNY時間にエントリーすることに優位性はないので、何とか東京時間とか夕方までにエントリーするように工夫してみなさい。それとトレンドを追いかけるな、あえてレンジ相場を狙え!と進言しておいた。

そして、酒を飲みながらトレードすることを強く禁止した。

どこの世界のプロフェッショナルが酒を飲みながら仕事すんだ?

これには本人も大いに反省したようだ(笑)

あのお灸を据えた日から、Mくんのトレードが明らかに変わった。本当にガラッと変わったから俺もビックリした。彼がここまで激変した理由が気になり、今回は特別にMくんにSkypeを通してインタビューを行ってみた。そしてこのインタビューをYouTubeにアップしたので、このブログを見ているあなたにもシェアしたいと思う。興味深い内容だぞ、ぜひこの動画を見ておいてくれ。

MくんとのSkypeインタビュー動画

インタビュー中、Mくんはとても緊張していたそうです。

2019年の年間成績

38勝 284敗 勝率 11.8% 合計 +1,696.6pips
平均利益幅 +101.5pips
平均損切幅 -7.6pips
損益比率 13.3:1

バルサラの破産確率表(リスク1%計算)

Total Pips

Currency Pair

Date

Week

Winning Percentage & Risk Reward Ratio

Win & Lose Per Currency Pair

ここから先はコンサルティング受講生のみ閲覧可能なページです。1ヶ月間の全トレード内容を限定公開しています。ただし、トレード詳細のダウンロード有効期限は本日より1週間となります。

関連記事

  1. 【2018年4月+1,017.3pips】専業トレーダーKくんのトレー…

  2. 【2018年2月 +500.9pips】不屈の若獅子、Kくんの月間成績…

  3. 【実戦デビュー!2018年2月+731.0pips】超スパルタコンサル…

  4. 【2019年5月+799.4pips】アスリート系専業トレーダーTさん…

  5. 【リアルトレードデビュー月に+572.6pips】バンコク在住の専業ト…

  6. 【2020年3月1位 勝率80%+1,118.8pips】現役キャバ嬢…

  7. 【2018年1月+2,181.3pips】今年も快進撃が止まらない、あ…

  8. 【2018年2月+583.3pips】バンコク在住のアスリート系専業ト…

ARCHIVES

PICK UP

  1. FX

  2. 週刊ビデオレター

  3. トレード成績

  4. コンサル生の月間成績

  5. トレード成績

NEWS POSTS