2020年2月度のThree wolves

とりあえずブログランキングのクリックをよろしく!

実弾トレードができるようになったコンサル生も増えてきたので、これからは毎月の成績上位3名を紹介したいと思う。俺の独断で彼らのことをThree wolvesと称し、更なる飛躍に期待したいと思う。ただし今月は、特別に上位4名を紹介する。

2020年2月は大相場になり、しかも爆益チャンスにGIANT KILLINGのルールがガッチリハマるケースが多かった。爆益のサインは出ていたので、それを信じて保有さえして入れば月間プラス1,000pipsくらい取れても不思議ではない相場だった。全体的に成績は向上していたが、これが相場のお陰なのか、本当にコンサル生の実力が上がったのかを見極めるのは難しい。

むしろ、値動きの悪い時に変な負け方をしないトレーダーのほうが実力があると俺は判断する。ただまぁ、自己記録を更新したコンサル生も何人かいたので、とりあえず2020年2月は良かったと言っておく。

  • 🐺🐺🐺🐺
  • 🐺🐺🐺
  • 🐺🐺
  • 🐺

【2020年2月 +458.0pips】孤高のドクターD氏

2020年2月度の成績

4勝 11敗 勝率 26.7% 合計 +458.0pips
平均利益幅 +139.1pips
平均損切幅 -8.9pips
損益比率 15.6:1

2020年の年間成績

8勝 38敗 勝率 17.4% 合計 +479.8pips
平均利益幅 +97.1pips
平均損切幅 -7.8pips
損益比率 12.4:1

コメント

2020年からぐっと取引数量を上げてきたD氏。もともと医師であり、若くして医院長でもあるので、タネは持っている。だがプレッシャーからなのか、1月はコケた。マイナス収支ではないが、あれはコケたと言える。だが、見事に2月で挽回してきた。

立派な成績です。損益比率も15.6倍。ポジションの引っ張り方が上手い証拠だ。もう彼に技術的なアドバイスは不要だ。D氏はもう分かっている。最大の敵は自分自身であることを。今のロット数に体を慣らし、徐々に上げていく闘いが待っている。これはトレード技術の問題ではない。

医師業とFXとの兼務は大変だろうが、
D氏には無理に専業トレーダーを目指して欲しくない。

確かにFXには得はあるが、
医師のような〔徳〕はない。

こんな世の中になった。
得があって〔徳〕のある人物が必要だ。

【2020年2月 +493.7pips】埼玉のパンチドランカー Yくん

2020年2月度の成績

8勝 11敗 勝率 42.1% 合計 +493.7pips
平均利益幅 +75.5pips
平均損切幅 -10.1pips
損益比率 7.5:1

コメント

コンサルティングを受講して2年以上経過したYくん。実は彼の2年間にはいろいろあってね。俺がこのブログで書くわけにもいかないが、今のYくんは敗者復活戦の真っ最中ってところだ。

Yくんは一時的にFXを中断さぜるを得なくなり、
2020年2月からFXを再開した。

自分の弱さを認め、
自分の弱さを受け入れ
それを克服するために必死にもがいている

克服するかどうかはYくん次第。

技術的な側面に関してYくんにアドバイスすることはない。
もう、彼はちゃんと分かってる。

彼にとって一番の敵はYくん自身だ。

自分の弱さを理解しただろ?
自分の弱さがとんでもなく強いことを

Yくん、この成績を維持しろ。

【2020年2月 +534.3pips】浪花の孤狼 Tくん

2020年2月度の成績

4勝 18敗 勝率 18.2% 合計 +534.3pips
平均利益幅 +173.6pips
平均損切幅 -8.9pips
損益比率 19.5:1

2020年の年間成績

7勝 46敗 勝率 13.2% 合計 +505.1pips
平均利益幅 +125.8pips
平均損切幅 -8.2pips
損益比率 15.4:1

コメント

コンサルの時、Tくんからある重要な決断を聞かされて驚いたことを思い出す。あれからどうなった?

その後、過去一年分の検証を終えて、2019年10月21日(月)から少額の実弾トレードをスタートしたTくん。まぁ最初は見事なヘタレっぷりでね。価格を追いかけてエントリーするもんだからコテンパンにやられていた。

『そこじゃねーよ!』って何度も指摘したんだけど、
なかなか理解できなかったようだ。

年間収支より2月の月間収支のほうが良いだろ!
つまりTくんは2020年1月までは負け犬だった。

でもいきなり、2020年2月に噴火した!
いったい何があったんだ(笑)

おそらくたった一本のホームランが彼を変えた。
損益比率の力を理解できたんじゃないかな。

これが運だったのか
相場のお陰だったのか
それともTくんの実力なのか

それを判断するには
通年のトレード成績を見るしかない。

Tくん、2月で何かを掴んだだろ?
今までの相場観とは違う何かを。

それを大切にしろ。

そして、もっとブチ抜いてみろ!
まだまだ上に行ける!

【2020年2月 成績トップ】

Stay hungry, be humble

関連記事

  1. 2019年の年間Three wolves

  2. 2019年3月度のThree wolves

  3. 2019年5月度のThree wolves

  4. 2019年1月度のThree Wolves

  5. 2019年2月度のThree wolves

  6. 2020年3月度のThree wolves

  7. 2018年の年間 Three Wolves

  8. 2019年7月度のThree wolves

ARCHIVES

PICK UP

  1. FX

  2. 週刊ビデオレター

  3. トレード成績

  4. コンサル生の月間成績

  5. トレード成績

NEWS POSTS