2017年12月9日(土)~10日(日)のコンサルティング終了

とりあえずブログランキングのクリックをよろしく!

今週のコンサルティングが終わった。これが今年最後のコンサルティング。今回は〇〇県からの男性トレーダーKくんだ。

コンサル前にいろいろ話をしたんだが、普段のKくんは大人しい性格のようだがFXに関してだけはキレてしまうことがある。いくつもの商材を買い漁るもルール通りにトレードすることができず、損切りできなくなって口座を何度も飛ばしていた。多くの商材を買って頭デッカチになり、『相場のことを知っているつもり』になっていたと思う。せっかく購入した商材・教材に他の売買手法をミックスしてトレードしてしまったそうだ。

コンサル会場の廊下

コンサル会場の廊下

コンサルティングルーム入り口

そして気付けば、何ひとつ習得した売買手法が無い状態になっていた。本人に直接言ったけど、この状態って売買ルールがどうのこうのという問題ではない。本人に問題がある。それは本人も自覚していた。

だから、コンサル前に敢えて相当厳しいことを言っておいた。

『Kくんが勝てないのはKくん自身に問題があるからだ。自分でも思い当たるよな。俺のコンサルを受けて俺の手法を教えたところで、1mmも崩さず俺の言うことを聞かないと勝てるようにはならないぞ。いいか、今までに勉強してきたFXの知識や相場観は全て捨てておいで。今まで使ってきたインジケータも全て捨てなさい。でないと、ケアンズまでFXを学びに来ても金をドブに捨てるだけだぞ。そして、俺の手法で2年以内に芽が出ないならFXを諦めろ!今後一切、相場から手を引け。ご家族に迷惑をかけるだけだから。誰もが相場で生きていけるもんじゃない。お前には相場の才能がなかったと諦めて他の仕事をしろ。』

『はい、そのつもりでコンサルを受けに来ました。(-_-;)』

『お前さ、もし俺の売買ルールを守らず、損切りせずに資金を飛ばしたら、マジで〇〇までぶん殴りに行く!そして、お前のことを切り捨てる。本当に売買ルールを守れるのか?守る自信がないなら俺はお前をコンサルしない。本気でFXで勝てるようになりたいなら、まず甘ったれた自分を変えろ!』

『分かりました。寝るなと言われれば寝ずに検証します!』

『寝るなとは言わない。健康のためにちゃんと寝たほうがいい。ただ、今すぐ煙草をやめろ。くせぇんだよ!何箱か持ってきてんだろ?試しに今すぐ全部捨てて、記念にケアンズで禁煙宣言してみな。それすらできねぇ奴がFXで成功しねぇよ。』

『はい、3箱すべて捨てて禁煙します。約束します。』

そう言って、Kくんは日本から持ってきた煙草3箱を俺の前でゴミ箱に捨てた。

俺の態度はほとんど脅迫しているようだったと思うが、Kくんにはそこまで言わなければならない理由がある。今、Kくんは人生のドン底にいる。その原因は資金管理と売買ルールを無視したKくん自身にある。ある時点での損失額に体が麻痺し、破滅の道を突き進んでしまった。

厳しいことを言うけど、コンサルとか手法云々の前に、自分をコントロールできない状態から、自分で自分をコントロールできる状態にしてやらないとコンサルなどできない。こういう時に根っからの野良犬な俺の性格が役に立つ。遠慮せずガツンと言ってやれるから。ルールすら守れないどうしようもない野良犬には、もっと強い野良犬でってことだ。そもそも俺がトレーダーになった一番の理由は、人に媚びへつらうことなく自由に生きていけるからだ。誰に好かれようが嫌われようが関係ない。一人で大金を稼ぐことができるから。

一般的にいうと俺みたいな者は社会人としては失格だろう。でもトレーダーとしてはイッパシにやっていける。裏表なくズバズバ物を言うので俺を敬遠する者もいるだろうが、俺にとってはどうでもいいことだ。

実はさ、俺には『あの時もっと強く言っておけば良かったな!』って後悔した経験がある。コンサル直後の最初の段階でちゃんと過去検証させて、それを俺が添削して面倒を見ていれば、あのコンサル生はあんな結果にならなかったはずなのに、という苦い経験だ。複数のFX教材を購入してきた者の落とし穴として、自分にはFXの知識があると思い込んでいるフシがある。勝てねぇくせに自分のことを過大評価してんだね。そのせいで俺のコンサルを受けると『理解したつもり』になって勝てるようになると勘違いし、過去検証をせずにいきなり実弾トレードをやってしまう。そして俺に怒られヤル気を失ない、俺との距離を置くようになる。

自分は『理解している』と思い込んでいたんだ。そしてそれは『できる』とは違うということを認識できていなかった。『知っている、理解している』という状態と『できる』という状態は全くの別問題だ。小学校や中学校の義務教育だって同じ授業を受けているのに100点の者がいれば0点の者もいる。ましてやトレードの売買ルールや相場観を教えるなんて本当に難しいことだから、FXで結果を出し専業トレーダーになって稼げるようになった者がいれば、何ヶ月経っても結果を出せない者もいる。だからコンサル生全員を勝てるようにするのは不可能だと、最初は俺も開き直ってみようかとも思った。

俺が高校に入学した当時、数学の因数分解でつまづいた。中学までは得意だった数学が一気に嫌いになった。高校一年の数学についていけず、そのまま落ちこぼれていく気がした。そん時の塾の先生が根気強く俺に付き合ってくれて因数分解を教えてくれた。そしてちょっとしたきっかけで一気に因数分解を理解し、遅れていた数学の成績が改善し、数学が好きになった。あの経験に似てるんだ、俺がFXで勝てるようになった経験が。

ある時、相場から得る利益の源泉について考えてみた。それって、FX業者がおひねりでくれるもんじゃないよな。他のトレーダーが吐き出した資金が、俺の利益になるんだよな!だったら、他のトレーダーの気持ちや動向を先読みしてやれば、勝つ可能性が上がるんじゃないか?

ではどうすれば、他のトレーダーの気持ちや動向を先読みすることができるのか?そのヒントは、ローソク足そのものにあった。その仮説を基に膨大な過去検証をして裏付けをとってみた。数千件を超える過去検証すると、この手法は個々のトレードで確実に勝つことはできないけど、トータルなら間違いなく勝てる!という自信がでてきた。あとは確率を理解して、多少の損切りにヘタレないように自分をコントロールすればいいだけ。

FXで勝てなかった頃の俺は、インジケータばかり見てトレードしていた。幾つものインジケータを勉強し、複数を組み合わせて『騙しのフィルター』として使っていた、それがトレードを複雑で困難にしている原因だと気付くのに数年かかった。FXで勝つためには、売買手法以外に、数学(確率思考)× 心理学(メンタルコントロール)の理解が必要になるのに、全く無視していた。というか知らなかった。

今年最後のFXコンサルティング

今年最後のFXコンサルティング

勝てないくせにトレードの知識はあると勘違いしている者は、数学(確率思考)× 心理学(メンタルコントロール)の理解がない。本質的に、FXで勝てない理由は売買手法以外にある。そこに早く気付かせてあげるのが、俺のコンサルのスタートだ。

過去検証をやりなさいよ!と忠告しても言うことを聞かない。売買ルールを教えてもルール通りにトレードすることができない。こんなどうしようもない者にはもっと強烈な個性の俺がガツンと言ってでも、きっかけやコツを掴んで欲しいと思っている。『金を払ってんだからお客様扱いされて当然のように勝たせてもらえる』と勘違いしているバカは絶対にコンサルするつもりはないが、『これでダメならFXを諦めよう』と最後の望みを賭けて俺を頼ってケアンズまで来たコンサル生を何とかしたいと、やっぱり俺は思ってる。

誰でもひとつくらいは経験があるはず。今まで何をやってもダメだったのに、ちょっとしたきっかけでコツを覚えて理解できるようになったとか、スキルを身に着けることができたとか。ゲームやスポーツ、習い事など何でもいい。できなかったことが一気にできるようになった経験がひとつくらいあるだろう。俺だって最初はFXで勝てなかった。もともと短気な俺はイライラしやすい性格だから、負けて金が減ると異常に腹が立った。自己否定の感情が芽生え、自信を失った。FXを始めた最初の5年間なんて記憶すらない。金を失い過ぎて頭がおかしくなったんだろう。よく生きて来られたもんだ。

2日目の検証中の様子

でも今の俺はFXで勝つことに苦労はしない。FXには努力や根性は必要ないと思っている。毎週末行っているトラックレコードの検証は努力ではない。俺にとっては当たり前のことであり、一週間のルーティーンであり、習慣だ。歯磨きと同じレベル。エントリーチャンスを待つことも苦ではない。当たり前のことだ。することがない時は何もしないほうがいい。昔の俺は待てなくてポジポジ病を発症し、無駄撃ちして命金を失い、相場から退場した。過去の痛い経験が今は役に立っている。そして損切りになりやすいチャートの形も『臭い』で分かるようになった。野良犬だから文字通り、『鼻が利く』ようになったんだ。今までたっぷりと毒饅頭を食って腹を壊してきたからな。その経験をコンサル生全員に話しているが、なかなか難しいもんだなって日々痛感している。

やはり、人間っていう生き物は人から言われただけで『知っている、理解している』という状態から『できる』状態にはならないのだろう。多少痛い思いをしないと記憶に刻まれないから本番で活きて来ない。実弾トレードで結果を出せるようになったコンサル生の中には、最初は俺の言った通りにトレードできなかった者もいる。でも自分で軌道修正して『分かりました』っていう状態から少しずつ『実行できる』ようになってきている。

FXで勝てるようになるきっかけやコツを掴んでいない者はトレードってものが非常に難しく感じているはずだ。FXで生活資金を作れないのだから、どこかに勤めながら一日の限られた時間の中でFXを学ばなければならない。こういう者にとっては努力や根性で数稽古をしてでもFXトレードをやらなければならない。

正確な過去検証ができて、売買ルールを覚えるっていうのは、実弾リアルトレードを行う上で必要最低限のレベル。止まっている過去チャートでエントリーチャンスすら分からない状態っていうのは、トレーダーとしてのスタートラインにも立っていない。実弾リアルトレードなんてやってはいけない。

2017年最後のコンサルティングは厳しい言葉がバンバン飛ぶハードな内容だった。このままKくんが精神的に折れてダメになるなら、ダメになってFXを諦めさせたほうがいいとも思った。だけど、KくんにはFXしかないっていう気持ちは分かる。トレードでやってはいけないことを存分に体験してきたからこそ、もう二度と同じ過ちを犯さなければイッパシになる可能性だってある。だからどうなるか分からないが、2年間だけKくんの面倒を見ようと思う。芽が出なかったら俺が引導を渡す。

ケアンズまで来たコンサル生は皆一様に『頑張ります!』と口では言う。でもその本気度は、ケアンズから自分の居場所に戻ってからでないと計れない。

Kくん、今までの君は誰にも相談できずトレードで散々な目に逢ってきたよな。でも、トレーダーって孤独であるのが普通だ。孤独だろうが何だろうが自分をコントロールしなきゃならない。そこに言い訳を持ち込んではいけない。でもこれから先は俺が君の面倒を見る。俺は自分に甘く他人に厳しい男だから、君が雑な検証、雑なトレードをしたら容赦なく檄を飛ばす。そして、コンサル後の一か月間でどれだけ正確な検証ができるかで勝負が決まるだろう。日が経つにつれて今の高揚感が薄れていくはずだから。一日でも早く、実弾リアルトレードができるレベルまで上がって来い。そこから本当のコンサルがスタートするから。俺のコンサルは売買ルールを教えるだけではない。ルール通りトレードできているかどうかを徹底的にチェックする。もし職業としてトレーダーを目指すなら自分の中の全ての甘さを捨てて、相場に1mmも期待するな。ありのままの相場を受け入れろ。

相場が君に富をもたらしてくれるのではない。

相場はただ無機質に現実を示しているだけ。

世界中のトレーダーとの駆け引きに勝つことによって利益を得られるもの。

勝負師として生きる覚悟を決めて、しっかりついて来いよ。

そして、自力で自分の人生を取り戻せ。

「人生は一度っきりだから、生まれ変わるなら生きてるうちに。」長渕 剛

打ち上げにマリーナ沿いのステーキハウスで

追記:

ステーキハウスでKくんが良い質問をしてきた。

『エントリーチャンスを見逃さない秘訣は何ですか?』

『大きな時間軸からチャートを見るようにすること。チャンスに気付けない、またはルールでもないのに無駄撃ちする原因は、短い時間軸ばかり見ているから。』

以下のページには、コンサルティング中に収録した動画を保存しています。
個別の認証パスワードを入力してご覧ください。

関連記事

  1. 2018年3月24日(土)~25日(日)のコンサルティング終了

  2. 2018年7月7日(土)~8日(日)のコンサルティング終了

  3. ルール③CCが騙しになりやすいルール④について

  4. 一発勝負IFDの秘訣

  5. 2017年10月21日(土)~22日(日)のコンサルティング終了

  6. 2017年内のコンサル予約受付終了のお知らせ

  7. 【遂に兼業トレーダーのYくんが!】2018年4月+481.5pips

  8. 2019年1月5日(土)~6日(日)のコンサルティング終了

ARCHIVES

PICK UP

  1. トレード成績

  2. FX

  3. SHAIRA STAR

  4. トレード成績

  5. トレード成績

NEWS POSTS