2017年8月5日(土)~6日(日)のコンサルティング終了

今週のコンサルティングが終わった。

コンサルティング中は収録しています

コンサルティング中は収録しています

今回から自作したFX用パソコンのストライカーが登場

今回から自作したFX用パソコンのストライカーが登場

今回は東京の男性兼業トレーダーだ。ケアンズに到着した直後にいろいろ話をして気付いたことがある。俺のところに来る人はみんな勉強熱心で、さまざまなセミナーや教材を買ってきた経験を持っているケースが多い。それでも全く勝てないし、EAを買っても勝てない。

コンサルティングの様子

彼らが今までに経験してきたセミナーや教材には共通する特徴がある。

それは、

高勝率を謳うものだ。

そう、初心者トレーダーってのは高勝率っていう言葉に弱い。

勝率80%とか90%だから、誰でも簡単に月収100万円だとか、年収1億円! みたいな煽り方。あんたも見たことあるだろ。

損益比率の概念が抜けてんだよ。だから破産確率を気にしたこともない。破産確率っていうのは勝率と損益比率によって算出されるものだからだ。

トレードの基本は損小利大のはずなのに、なぜ損益比率を考えないのか俺には理解できない。

少し話はそれるけど、競馬などのギャンブルの世界において確率のことを『オッズ』と呼称し、自分の賭け金を勝率に照らして『割りに合う』場合には『オッズに合う』などと表現されてきた。

例えば、コイントスで表裏を当てたら賭け金をトータルで1.8倍にして返すゲームがあったとする。このゲームに参加することは合理的だろうか?

コインの表裏が当たる確率は1/2なのに、当たった場合でも賭け金は1/2の逆数である2倍より少ない額しか戻ってこないため、長期的には必ず負けるようになっている。この場合、帰ってくる賭け金が2倍以上でなければ『割りに合わない』ことになる。

カジノのブラックジャックやルーレットっていうのも同じで、ハウスルールで微妙にプレイヤー側が『割りに合わない』ようになっている。短期的にツキが回って勝っているときに止めればいいのだが、長時間プレーすると確率的にカジノ側が利益を得るような仕組みになっている。

これを聞いて思いつかないか、似たような投資商品があるだろ!

バイナリーオプションだ。
損益比率を伸ばすことができない勝負事に勝算はない。

FXに話を戻すぞ。勝率80%で損益比率2倍とか3倍っていうトレード手法があるとする。というか、世の中に出回っているのは、その程度の手法が多いだろww。計算上はこの手法でも利益は出る。だが、その勝率をアンタが再現できるのか?連敗しないと言い切れるのか?しかもルールを勘違いしてエントリーしていたら連敗しても当然だろ?

その手法を使い続けたらどういう結果になるのか理論的確率を算出したことがあるか?

ないだろ?

だから、この先どうなるのか自信を持てないから連敗すると物怖じしてエントリーできなくなる。兼業トレーダーだからと言って短時間でパッと稼げるようにと短い時間軸で薄利を抜こう(スキャル)としても、判断しなければならない場面が増えるだけ。判断する回数が増えれば間違う回数だって増えてくる。まぐれで勝ったところで、損益比率が低いからそれまでの損失を補填することができず、実弾で取引することすらできなくなっていく。

損益比率2倍では3連敗したら収支はマイナスだぞ。この程度の取引をしているトレーダーが多すぎる。酷いのは、損切りが-15pipsで、利食いが+5pipsなんてことをやっている者もいる。これってさ、勝率98%くらいなきゃ利益を出せないゾ!

勝率を上げるのは簡単だ、少しの利益で利食えばいいんだから。でも収支をプラスにするためには損小利大が原則だ。つまり、勝率よりも高い損益比率が重視されなければならない。俺は自分で計算して、損益比率30倍までの破産確率表を作ったことがある。教科書に載せているのがそうだ。

破産確率をゼロにするためには、勝率よりも損益比率を上げるほうが効率的となる。

 

高勝率と高収益はイコールではない!

よーく覚えておきなさい!

 

トレーディングを含めた勝負事っていうのはさ、いかに多くの回数を勝つかではなく、いかに多くの金を勝ち取るかが大切。

しかもトレーディングという賭け事は、勝率を上げることよりも損益比率を上げるほうが遥かに簡単だ。

トレーディングにおいては判断することが必ずある。俺たちは神ではないので判断するなら間違うことがあるもんだ。だからこそ、間違いを補填してくれる損益比率が必要なんだ。よく投資本に『感情を捨てろ』って書いてあるけど、人間である以上、感情を捨てることはできないと俺は思う。俺だってポジションを持てば多少は感情をコントロールしているが、完全に消しているとは言えない。含み益が伸びることに期待することもあれば、ダウンスイングが来ればチャートを見るのも辛くなる。

俺がもし、今の取引手法の平均損切り幅でプラス30pipsで利食うようにしたら、おそらく勝率は70~80%くらいになるだろう。その程度の含み益くらいほぼ毎回出しているから。でもな、月トータルの収支はプラス300pipsもいかないだろう。俺が安定して最低月1000pipsを維持している秘訣は、間違いを補填してくれる高い損益比率のお陰なんだ。最初から大きな利幅が見込める場所で、大きな波長を狙うようにしているから判断する回数を減らし、間違う回数も減ってくるんだ。

Eくん、今までの君は一生懸命に相場の勉強をしてきただろうが、本当の意味で数学的な確率を理解していなかった。俺と出会った初日に、今までの手法では勝てない理由が数学的に理解できたはずだ。

ちゃんとしたコンパスを持っていなかったから相場の世界で迷子になっていたんだよ。まるでコンパスを持たずに小舟で太平洋に浮いているようなもの。東京へ戻りたいのにカリフォルニアへ向かっているようなもんだ。

俺の手法を知った君は、ちゃんと利益を出せる方向を確認できたはずだ。

あとは、俺の手法を使いこなせるようになるまで、しっかりと自分を磨くことだね。

兼業のサラリーマントレーダーは、その日一日の時間を自分でコントロールすることができない。その状態でプロレベルのトレード技術を身に付けて専業トレーダーに転身するっていうのは、半端じゃなく厳しい道になるはずだ。

それを覚悟して俺のところに来たんだから、もう言い訳はできないよ。東京に戻ったら、まだ気持ちが熱いうちにやるべきことをすぐにやったほうがいいよ。

じゃ、今から美味いものを食いに行って、そのあとはカジノに行こっか。

初日のコンサルティング後にシーフードレストランへ行った

コンサル直後でまだ陽があるうちから飲むビールは最高だった。メインが出る前に生ガキをつまむ。

以下のページには、コンサルティング中に収録した動画を保存しています。
個別の認証パスワードを入力してご覧ください。

関連記事

  1. 2018年6月30日(土)~7月1日(日)のコンサルティング終了

  2. 2018年10月20日(土)~21日(日)のコンサルティング終了

  3. 4時間足MA20からレートが乖離した場面での攻め方

  4. 2017年9月16日(土)~17日(日)のコンサルティング終了

  5. ルール③CCが騙しになりやすいルール④について

  6. 2019年6月22日(土)~23日(日)のコンサルティング終了

  7. 2017年7月15日(土)~16日(日)のコンサルティング終了

  8. 2018年2月10日(土)~11日(日)のコンサルティング終了

ARCHIVES

PICK UP

  1. コンサル生の月間成績

  2. トレード成績

  3. FXパーソナルコンサルティング

  4. コンサル生の月間成績

  5. トレード成績

NEWS POSTS