2018年6月2日(土)~3日(日)のコンサルティング終了

とりあえずブログランキングのクリックをよろしく!

今週のコンサルティングが終わった。

今回は京都で設備関連の自営業の40代男性Kくん。昨年、娘さんが生まれたばかりで、より一層仕事を頑張らなきゃならない兼業トレーダーだ。FX歴3年ほどなので、まだまだ初心者トレーダーのレベルだな。MT4も俺のコンサルを機に初めて使ったそうだ。スキャルピングはやったことがないようで、デイトレやスイングトレードのセミナーには何度か通ったらしい。でも損切りの設定が曖昧で、勝率ばかり強調され、損益比率など聞いたこともなかったらしい。

うーmm、スキャルならともかく、デイトレやスイングトレードを教える人が損益比率を考慮しない売買手法を広めるって、ちょっとマズいな。

いつものカフェで初日のランチ

いつものカフェで初日のランチ

いつものカフェで初日のランチ

初日のディナーはシーフードレストラン

初日のディナーはシーフードレストラン

初日のディナーはシーフードレストラン

初日のディナーはシーフードレストラン

初日のディナーはシーフードレストラン

2日目のランチは初めて行ったカフェ。うちのスタッフに好評だったんだ。

2日目のランチは初めて行ったカフェ。食べかけですんません。でも、ここの料理は美味かった。

検証はかなりてこずった。初めてMT4を使ったからしょうがないと思う。でも、反復してMT4を使いまくって、止まっている過去チャートでエントリーを理解できるようにならないと、動いているリアルチャートでは全く反応すらできない。

俺の売買手法は数時間前にエントリーチャンスに気付くことができ、事前にIFDをセットしてチャートを見なくてもエントリーすることができる。でも、それができるようになるためには最低でも完璧に売買ルールを覚え、適切な逆指値を設定できるようにならなければならない。

Kくん、君が甲子園を目指して野球に夢中だったとき、同じ動作を何度も反復して練習したはずだ。時速150kmの剛速球などセンスだけでは打ち返せないよな。普段から素振りやバッティング練習をやってないと打てるもんじゃない。トレードの検証も全く同じ。何度も反復練習することでスキルは身に着くもの。日本に帰ったら、できるようになるまで諦めずに頑張ってごらん。

自分で言っただろ。FXは野球に似てるって。野球は考えて打つもんじゃない。何度も反復練習することによって、剛速球に体が自然に反応できるようになるって。トレードも全く同じ。身体が勝手に反応するものなんだ。

Bruce Lee の言葉

Don’t think,feel.
考えるな、感じろ

コンサルを受けただけで検証をやらずして勝てるようになったトレーダーは一人もいない。これは紛れもない事実だ。

練習で出来ないことは、本番では決してできない。
練習以上のことなど、本番では決してできない。

最初は遅くてもいい。何度も教科書を読み返して、正確に売買ルールを覚え、丁寧に検証するんだよ。それが出来るようになって、スピードを上げて検証すればいい。質を上げて数をこなせば必ずスキルは身に着くぞ。

ランチに同伴した嫁のフレンチトースト。フルーツがいっぱい乗ってました。

コンサル2日目の過去検証の様子。ケアンズのコーヒー豆でエスプレッソを淹れました。

コンサル2日目の過去検証の様子

コンサル2日目の過去検証の様子

じゃ、今夜はケアンズで人気のステーキハウスに行こう!
がっつり肉を食ってくれ!

以下のページには、コンサルティング中に収録した動画を保存しています。
個別の認証パスワードを入力してご覧ください。

ARCHIVES

PICK UP

  1. FXパーソナルコンサルティング

  2. FXパーソナルコンサルティング

  3. トレード成績

  4. FXパーソナルコンサルティング

  5. FXパーソナルコンサルティング

NEWS POSTS