〔重要なお知らせ〕新型コロナウイルスの影響について

とりあえずブログランキングのクリックをよろしく!

よッ、俺だ。

大変な世の中になっちまったな。毎日の日課がコロナウィルスの感染者情報のチェックになってしまった。

新型コロナウイルス感染 世界マップ

ところでFXパーソナルコンサルティングについての話。

今までたくさんのコンサル生がケアンズまで来てくれた。FXコンサルタントを名乗り始めたのが2016年の夏ごろだったから、かれこれ3年半くらいやってきたことになる。俺の予想を超える申込み数があり、たくさんのコンサル生に出会ってきたことは俺の財産だと思ってる。

だが今、新型コロナウイルスの感染が世界中に広まり、日本の感染者がこのまま広がる可能性が高いと見ておいて間違いないだろう。

コンサルティングのためにわざわざケアンズまで来てもらうと人込みの多い国際空港に行くことになるし、飛行機にも乗らなきゃならない。それって今の時期を考えると良くないことだと思う。

俺のFXパーソナルコンサルティングは決して観光業ではないが、多少なりとも海外旅行の要素があったはずだ。しかし今は海外旅行を楽しむような時期じゃない。対面型のパーソナルコンサルティングに限定してきたけど、これからは〔オンラインで学べるFXコンサルティング〕の仕組みを作ろうと思う。

実はもう作業に取り掛かってんだ。システムの構築に苦労していて心が詰みそうになることもあるけど、ウィルスのワクチンを開発するほど難しくはないはず。近いうちに必ず〔オンラインでも学べるFXコンサルティング〕のシステムを完成させてみせる。

同時にちゃんとトレードでも結果を残す。俺の本業はFXトレーダーであり、本業をおろそかにするわけにいかん。コロナショックや米国の緊急利下げ、OPECの原油増産決議、レバノンのデフォルトなど、為替の値動きに影響するマクロ経済ネタが満載で、こんな時こそFXトレーダーが立ち上がらなけらばならないと思う。

まだまだあるぞ、東京オリンピック中止の可能性やアメリカの企業の債務不履行による倒産でCLOが弾けたときに予想される世界同時株安。実はその震源地が日本になるかもしれない。日本は今、とんでもない原子爆弾を抱えている。もし本当にそうなったら、リーマンショックどころでは済まない可能性が高い。(リーマンショックの時、俺の知り合いの社長のうち何人かが倒産し、その後どうなったか分からない)

ただ俺はスキャルパーじゃないから、そこまでチャートを注視しなくてもいい。一日に数回チャートを見ておけば、事前にエントリーチャンスに気が付くことができる。こういうトレードスタイルだからこそ、兼業でFXをやろうとする人にも向いていると思う。優位性あるポイントでエントリーしてデイトレよりは少し長めに保有して決済。もともとそんなに忙しいトレードスタイルではない。

問題は、これから先の日程でFXパーソナルコンサルティングを申し込んでくれている方たち。これはどうするべきか俺も悩んでいる。俺が決めるのではなく、本人とちゃんと話し合ったほうがいいなと。オーストラリアのコロナ感染はシドニーなどの大都市が主で、北部のクイーンズランド州ではゴールドコーストで感染報告が出ているが、へき地のケアンズでは今のところコロナ感染の話が出ていない。

だからと言ってケアンズが安全だという意味ではなく、空港とか飛行機とか人込みに混じることに対するリスクをどう思っているかをコンサル生本人と確認し、臨機応変に対応していくつもりだ。コンサル生本人はFXで勝てるようになるために!と鼻息が荒いかもしれないが、そのご家族が心配しているはず。だからしばらく様子見で日程を変更してもいいし、これから構築する〔オンライン型のFXコンサルティング〕に変更しても構わない。

もともと疫病に対して超敏感だったオーストラリア政府はいち早く入国制限を実施しているが、まだ日本からの入国制限措置はない。しかし、いつ入国制限されるか分からない。

在日オーストラリア大使館

Facebookとかツイッター、Instagramのような高機能はないかもしれないが、〔オンライン型のFXコンサルティング〕が完成したらコンサル生同士がオンラインで繋がることができる、ちょっとしたSNSというかオンラインサロン的な仕組みにするつもり。全員がGiant Killingのユーザーばかりのコミュニティーになる。だから今までの俺のイメージとは違ってくるよね。トレーダーは群れるなって言ってきたから。

急いで進めているけど、そんな簡単なシステムではない。まさに脳みそが千切れるほど考える毎日。完成したらこのブログで紹介する。俺の性格だから中途半端な形にはしない。やるなら徹底的にやるのが俺のモットー。その前に、予約を入れてくれているコンサル生と直接連絡を取り合ってみるよ。

じゃあな。

ARCHIVES

PICK UP

  1. FXパーソナルコンサルティング

  2. FXパーソナルコンサルティング

  3. トレード成績

  4. FXパーソナルコンサルティング

  5. FXパーソナルコンサルティング

NEWS POSTS