違和感のあるものを受け入れろ

人は、自分にとって違和感のあるものを拒否するものだ。

自分とは違う、なんか怪しい。

これはあるコンサル生と場中にSkypeで話しているときのこと。

俺はルールに合致しているからすかさずエントリーした。

『入ってみなよ』って俺が言うと、

『えぇ、えぇ、こんなところでですか?』って全くエントリーに反応しない。

それは俺の7つあるエントリー方法のうち、逆張りの手法だった。しかしそのコンサル生は俺に出会うまでは順張り一本でトレードしてきた。俺だって順張りは使うけど、それは主にトレンド相場の場合であって、レンジ相場の場合は逆張りも多用する。

今まで順張りだけでトレードを学んできてるから、俺の逆張りエントリーに違和感を感じて受け入れることができないんだ。結局、俺はそのポジションを数日保有し、+280pipsの値幅を抜いて36万ドルほどの利益を得た。

今現在、俺のコンサルを予約している方、もしくはコンサルを受けたばかりの方に伝えたいことがある。今までFXで勝てなかったから俺のコンサルを受けるはず。年間収支が赤字とか僅かな額しか稼げないトレーダーと、年に数百万ドルを稼ぐトレーダーのエントリーポイントの質は全く違う。

99%の負けトレーダーと1%の勝ちトレーダーとでは思考が違うからだ。99%の負けトレーダーが快適と感じるエントリーポイントでは勝てない。どうせ明確なトレンドが出てるところで恐る恐るエントリーしてんだろ?一般的な投資本や教材にそう書かれているからだ。そして買ったら下がり、売ったら上がるを繰り返している。1%の勝ちトレーダーはその逆をやっている。

俺のコンサルを受けて俺のエントリーポイントを知ると、

『まさか、そんなところで?』

って、ビックリするようなエントリーが続出するはずだ。そんなところでは怖くてエントリーできない!っと感じるかもしれない。エントリーする際のチャートの形を見て上手くいくように思えないのだ。俺はいつも言ってるけど、エントリーの時は俺だって上手くいくかどうかなんて考えていない。小さく損切りする準備だけはしておいて、統計的に当たればデカいポイントでエントリーするようにしているだけだ。

そして相場は駆け引きだってこれだけ言っても理解できていない場合もある。明確なトレンドが出たら新規エントリーを狙うには遅すぎるって、何度言っても意識することができない。

何度も言うぞ、相場は駆け引きだ。

アナタの目線でチャートを見るな、アナタの小銭で為替市場を動かすことはできない。たっぷりと資金豊富な他のトレーダーになったつもりでチャートを見ろ。そのトレーダーがどう動くのか考えた上で、自分のアクションを決めていくんだ。

たとえそのアクションが自分にとって違和感のあるものであったとしても受け入れろ。

関連記事

  1. サマータイム終了のお知らせ

  2. トレーダーに反省や後悔は必要ない!

  3. トレンドの正体

  4. 逆指値に感謝しろ

  5. コンサル生の中間報告

  6. 四号機

  7. 闘う前から勝っている!ビジュアライゼーションのススメ

  8. 自分の身の丈って誰が決めるんだ?

ARCHIVES

PICK UP

  1. FXパーソナルコンサルティング

  2. トレード成績

  3. トレード成績

  4. FXパーソナルコンサルティング

  5. トレード成績

NEWS POSTS