連敗する理由とその脱出方法とは・・・

とりあえずブログランキングのクリックをよろしく!

昔、そうだなぁ、7~8年くらい前かな。

今の手法の原型みたいな取引ルールを決めて、せっせと検証してみて、全てのチャンスにエントリーしたと仮定して、全ての利食いと損切りを出してみた。

その勝率や損益比率が、いわゆる理論的確率ってものになる。月単位の理論的確率にはバラツキが出てくるものだが、年単位の理論的確率となると、だいたい毎年似たような数字になってくる。

この事実を知って初めて、自分の手法に自信がついて、チャンスには迷わずエントリーできるようになる。

理想を言えばね・・・。

そう、あくまで理想の話。

実際にリアルタイムでトレードをしていたら、残念だが理論的確率を感じることはできない。

大数の法則を機能させるには相当な試行回数が必要になる。

だけど、実際のトレード(=経験的確率)が理論的確率に収束するまでに、確率のブレが生じるのね。

要は、勝率4割ってのは10回のうち4回勝てるって意味ではなく、400回のうち160回勝てるっていう意味なわけだ。だから、ちょっと運が悪いときとか、自分の取引手法が相場に合わない場合は、10連敗することだってあり得る。ただコンスタントに試行回数を重ねていれば、3連勝や5連勝ってこともある。今の俺でも、勝率3割くらいの月はある。勝率3割って言えば、体感的には結構な連敗を食らってるぞ。

頭では理論的確率を意識していても、実際の個々のトレードでその確率を体感することができないから、自分の取引手法を信じられなくなって別の手法を試してみたり、連敗によって資金が減っていくことが怖くて、エントリーチャンスが来てもマウスをクリックできなくなる。

そして思惑方向へブッ飛んで行く相場を見ながら、入っておけば良かったってことになる。そして次のチャンスには絶対に入るぞって決めて、満を持してエントリーしたら損切り。次こそは利食いになるエントリーチャンスしか入らないぞって待ち構えていたら、魅力的に見えないエントリーチャンスがまた思惑方向へブッ飛んで行く。

そして、ようやく選りすぐりのチャンスに入ったら損切り。

こうして、アンタの取引履歴は損切りだらけになる。

おかしいな、あれほど検証したのに、何故か勝てない?

そりゃそうだ。全てのチャンスにエントリーしないからだよ。大数の法則を機能させる為には、相当な試行回数が必要なんだって。

まあ、でも、あんまり深く気にするな、イッパシのトレーダーになるなら、誰だって経験する通過儀礼みたいなものだから。偉そうに書いてるオレだって、数年前にエントリー恐怖症を発症した。負けないようにしようとすればするほど、エントリーできなくなる。だから、金が増えるワケがない。負けが込んでチャンスに右手の人差し指が震えたり、手の平が汗ビッショリになったりしていた。

連敗を脱出したいのなら全ての損切りを受け入れろ、回避できるものではないから。ルール通りの小さな損切りを受け入れて、全てのチャンスにエントリーしてみろ!

肉を切らせて骨を断つ覚悟を持て!

 

以前、潜在意識について詳しく書いてみた。

その中で、潜在意識にはアンタが変わらないようにする働きがあることを説明した。潜在意識はヘタレトレーダーであるアンタが金持ちにならないよう、ずっと貧乏であるように働きかけているんだ。

潜在意識がそう働きかけている証拠を証明することができる。

ヘタレのアンタはチャンスが来たとき、躊躇したり、不安になったり、恐怖心を感じたり、また損するかもしれないって感じるんだろ、どうだ?

実際、チャートはアンタに攻撃などしてないし、不安にさせようとはしていない。アンタが一人で勝手に不安や恐怖心を感じているだけだ。いや、言い換えると、ヘタレのアンタの潜在意識が、アンタをヘタレのままにするために、不安や恐怖心を与えているんだ。

意味、分かるか?

分からないならそれでいい。理解できるまで時間が掛かる話だから。

つまり、不安や恐怖心を感じた時こそ、アンタは自分自身の潜在意識と闘わなければならない。不安や恐怖心を感じたときこそ前に進んでみる、エントリーしてみる。上手く行かないこともあるだろうが、時にはビックリするほど利益を出してくれる相場に巡り会うだろう。

こうした小さな成功体験を積むことによって、アンタの潜在意識を書き換えることになる。一歩ずつ、アンタはトレーダーとして道を歩くことになる。

不安や恐怖心に負けて、いつまでもエントリーの回転率を上げられないなら、永遠にトレーダーとしての成功はない、断言する。

不安や恐怖心を感じたときほど、あと3歩だけ前に進んでみる、潜在意識に抵抗するんだよ。力づくでも自分の潜在意識をブッ倒してやらなければならない。

だから、相場道っていうのは常に、自分の弱さとの闘いの道になる。

アンタが求めていたものは、いつだって恐怖心を乗り越えた先にある。

それで資金を飛ばしたなら、そもそもアンタの取引手法は期待値がマイナスなんだろう。ろくに検証もせず、適当にトレードをやってきた証拠だ。そんな奴は、トレードをやめて堅い仕事をした方がいいぞ。トレーダーっていう職業は、甘い世界じゃないからな。

 

どうしてもトレーダーとしての成功を諦めきれないって言うなら、オレのところにトレードを学びに来なよ。高いけどな!

コンサル後は、毎日更新している俺のチャート解説が見れるようになる。毎日コツコツ見ることで、俺の相場観をアンタに移植している。

今年の9月にコンサルを受けたシドニー在住の女性トレーダーが、先月(2016年11月)+1,500pis獲って、A$35,000ほど稼いだって連絡があった。おそらく彼女なら、年明けからの相場で大きく稼ぐことができると思う。

なぜなら、数多くの損切りを食らっても、エントリーの回転率を落とさないから。その辺の男より、よっぽど根性があるように思える。

うちの嫁さんはいつもこう言う、

『女の方が痛みに強いんだよ!、だから男よりも女の方がFXに向いている。』

俺はハンパな奴が嫌いだ。自由に生きたいとか、副業で稼ぎたいとか、サラリーマン生活を抜け出したいとか、現実逃避でトレーダーを目指す奴は上手く行かない。

ただの思い込みでもいい、自分にはFXしかない、FXが好きでたまらない。FXで成功しなければならない明確な理由があるから、全力でFXに取り組みます!

って覚悟がある奴なら、オレは面倒をみてもいいと思っている。

関連記事

  1. 逆指値に感謝しろ

  2. 別のトレーダーのように考えろ!

  3. 勝負の世界

  4. あんたの相場観をチェック、これが環境認識だ!

  5. トレーダーに必要な素質

  6. サマータイム終了のお知らせ

  7. 【超重要】ルール③CCの秘訣

  8. おっさんの小言

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVES

PICK UP

  1. FX

  2. 週刊ビデオレター

  3. トレード成績

  4. コンサル生の月間成績

  5. トレード成績

NEWS POSTS