初号機

初号機のカスタムとクリーニングが終わったので、改めて忘備録を書いておく。

このパソコンではディーリングデスク左側4枚のモニターを接続し、EURAUD、AUDJPY、GBPUSD、GBPJPYの監視を行っている。

まずはファンやラジエターを外して掃除機で埃を除去。

またマザーボードから電力供給されていたファンケーブルは、電源本体からペリフェラルケーブルと変換ケーブルを利用しての電力供給に変更。回転数など分からなくていいからファンは全開で回ってくれればいい。調子が悪くなれば買い換えるから。

さらに電源を450Wから750Wに換装し、弐号機についてたG.SKILLのメモリーを初号機に移植して合計32GBにした。

ガン黒なよくあるPCケース。けっこう重いんだ、このケースは。

メモリーの4枚差しは爽快

水冷CPUクーラーのお陰でCPUの温度は30℃前後に安定している

裏配線は性格が影響すると思う。マザボのぶっとい24ピンケーブルを上手に取り回さないと、このPCケースではサイドパネルに干渉しまくって閉まらなくなる。

几帳面な性格なので、裏配線にはこだわってみた。

サイドパネルに余ったファンを吸気で設置してみた

 

パーツの詳細

Cases : Cooler Master Silencio 652S

CPU : INTEL® CORE™ i7-7700 PROCESSOR

CPU Liquid Cooler : Cooler Master MASTERLIQUID PRO 240

Motherboard : ASUS PRIME H270-PRO

Graphics Card : GIGABATE GeForce GTX750Ti GV-N75TWF2-2GI (rev. 2.0)

OS : Microsoft Windows 10 Home

SSD : Crucial SSD M.2 Type 275GB CT275MX300SSD4

HDD : Western Digital Blue SATA-2TB-WD20EZRZ

RAM : G.SKILL RIPJAWS DDR4-2133MHz 4×8GB

Power Supply : Corsair RM750x  750W 80 PLUS Gold certified

Optional Drive : LG DVD-Multi GH24NSC0

SSD(M.2)はOSやMT4などのシステム系Storageとして使用。

HDDはデータ系Storageだが、初号機にはほぼ入れるデータがない。

LEDなどの光モノがなくて地味だけど、質実剛健な渋いパソコンです。CPUはおよそ30℃で安定している。

以前使っていたパソコンが夏に突然シャットダウンしたことがある。これはCPUの温度が上がりすぎて熱暴走したと考えられる。

特にポジションを持っているときにCPUが熱暴走してPCがシャットダウンしたときは焦った。

FXで戦うためにはパソコンの安定した稼働が大事なので、CPUの温度には気を付けたい。

それと、俺はゲーマーではないけどFX用PCにもグラフィックカードはあったほうがいいと思う。ハイエンドなグラボは必要ないと思うが、モニターを4枚まで増設できるので複数銘柄の監視がしやすくなる。

俺が使っているグラボはDVI×2とHDMI×2の接続端子なので初心者でもとっつきやすいし、パーツ代も安い。自分で簡単に取付けできるし、付属のDVDでソフトをインストールするだけ。おススメだよ。

関連記事

  1. 人生初!自作パソコン

  2. 勝てないアナタへ

  3. コンサル生の中間報告

  4. 逆指値に感謝しろ

  5. 違和感のあるものを受け入れろ

  6. FX-ゼロサムゲームで生き残るために

  7. 日足がピアノの鍵盤になったら要注意

  8. コンサル生の利食い報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVES

PICK UP

  1. FX

  2. 週刊ビデオレター

  3. トレード成績

  4. コンサル生の月間成績

  5. トレード成績

NEWS POSTS