狩りをするなら獲物がいる場所で狩りをしろ!

とりあえずブログランキングのクリックをよろしく!

まず大前提としての話を書く。

勝ちトレードから得る利益とは何処からきているのか?

FX業者がくれるものなのか?日本の呑み業者を利用している素人さんにとっては、確かにそれは当たっている。

でもな、インターバンクで勝負しているFXトレーダーについては当てはまらない。ここから先は、あくまでインターバンクのECN口座で取引していることを前提に書いてみる。

勝ちトレードから得る利益とは、自分と反対ポジションを立てたトレーダーが吐き出した資金だ。これは何年経っても変わらない相場の原理原則となる。

俺はいつも、FXトレードはハンティング(狩り)だと思っている。

例えば、森の中で鹿をハンティングしたとする。その際、性能の良い猟銃と銃弾が必要になるだろう。そして必ず、獲物となる鹿が生息する森に出かけるはずだ。

どれほど性能の良い猟銃を持っていても、獲物がいなければ狩りは成功しない。
当たり前のことだよな。

では、ハンティング(狩り)をFXトレードに置き換えて考えてみる。

この場合、

猟銃 ⇒ 売買手法
銃弾 ⇒ トレード資金
獲物 ⇒ 自分と反対ポジションを立てたトレーダー

ということになる。

優位性の高い売買手法が無ければトレードは成功しないし、
トレード資金が無ければトレードはできないし、
自分と反対ポジションを立てたトレーダーがいなければ、
相場から利益を得ることはできない。

そういうことになるよな。

世の中のヘタレトレーダーっていうのは、
良い売買手法があれば勝てると思い込んでいる。

どんな時でも利益を上げられる売買手法、
そんな聖杯が存在すると思っている。

これは、
性能の良い猟銃さえあれば、
場所を選ばずいつでも獲物を仕留めることができる!
という意味と全く同じだ。

狩りをするなら獲物がいる場所で狩りをしよう

それが間違っていることに気付いたのであれば、
それはそれでトレーダーとしての進歩だと思うが、
永遠に聖杯を探し続ける残念なトレーダーがたくさんいる。

猟銃 ⇒ 売買手法
銃弾 ⇒ トレード資金
獲物 ⇒ 自分と反対ポジションを立てたトレーダー

大雑把に言うと、売買手法なんて何でもいい。俺の手法じゃなくても勝てる手法なんてゴマンとあるはずだ。売買手法と相場がマッチすれば、自然に利益を抜き取れる。

最も重要なのは、獲物がいる場所を見極めること。つまり、自分と反対ポジションを立てたトレーダーが存在する相場で勝負するってこと。

もし仮に、トレーダー全員が買っているなら、俺は売りのタイミングを待つ。
短期的に下降トレンドが出来ていたら絶対に売らない。
俺は買いが溜まるのを待ってから売る。

トレーダーには3つのレベルがある。

◆ レベルゼロ

売買ルールがない、売買ルールを覚えられない、売買ルールを守れない。まず、トレードなどやってはいけないレベルだ。

◆ レベル①

売買ルールに合致したら全てエントリーする。完璧に売買ルールを覚え、一貫して売買ルール通りにトレードすることができるレベル。高い損益比率の売買手法であればトータルで利益を出せるが、損切りも多く勝率が低い。

◆ レベル②

環境認識によって得られた売買方向に合致したルールでエントリーする。月足や週足、日足などの長期時間軸で相場環境を認識し、損益比率の高い売買方向を見極める相場観に長けている。長年に渡って相場で生き抜く為には、このレベルを目指すしかない。

釣りをするなら魚がいる場所で釣りをする。

商売するならお客さんがいる場所で商売する。

全部、同じだ。

どうせ狩りをするなら獲物がいる場所で狩りをしよう!獲物がいないのであれば、獲物が現れるまで何もしないことが最善の策となる。限りある銃弾(トレード資金)を無駄にしてはいけない。

だから、ノートレの日があってもいいんだ。

普段の土日2日間のコンサルティングでは、売買手法(つまり猟銃の使い方)を教えている。それを繰り返し検証してもらい、俺の売買手法の理論的確率を理解できるようになれば実弾トレードの段階に入る。その段階からようやく、損益比率が高く、利益の得やすい相場の話をしている。つまり、それが獲物がいる場所の見極め方なんだ。

コンサル中やコンサル直後っていうのは、売買ルールを覚えることで精一杯になっている。損益比率が高く、利益の得やすい相場の話をしても理解できないからな。だから、俺のコンサルを受けた方はなるべく早く過去検証をやり終えて、実弾トレードをできるレベルまで這い上がってきてもらいたいもんだ。

関連記事

  1. 相場はなぜ動くのか?

  2. あんたの相場観をチェック、これが環境認識だ!

  3. 連敗する理由とその脱出方法とは・・・

  4. 私が強く言いたいこと

  5. まだまだだ!

  6. インジケータを基準にチャートを見ることの弊害

  7. バカこそ最強!小利口では通用しない

  8. トレードの精度を高める秘訣

ARCHIVES

PICK UP

  1. FXパーソナルコンサルティング

  2. コンサル生の月間成績

  3. トレード成績

  4. トレード成績

  5. FX

NEWS POSTS