あなたの過去検証、トラックレコードの検証を添削いたします

とりあえずブログランキングのクリックをよろしく!

題名の通り、あなたの過去検証とトラックレコードの検証を添削いたします。これらを見れば、あなたの相場観がすぐに分かります。

FXで効率的に利益を上げるための最短距離を歩めるよう、適切なロスカット幅や逆指値の位置、または相場環境によって2重IFDや統一IFDなどのリスクの取り方について細かく添削します。

これによってルールを勘違いしていることが発見されたり、適切なリスクの取り方が理解できるようになってきます。

この場合、エントリーと利食いや損切り場所がハッキリ分かるようでなければ添削のしようがありません。

スクリーンショットしたチャート画像が人によってバラバラで、エントリーポイントと決済ポイントすら分からないものがあったりしますと、添削が非常にやりにくくなります。

私もいろいろなスタイルで検証チャートを作成してきましたが、最も適切だと感じるスタイルに落ち着いてきましたので、コンサル生の皆様にも統一していただけるようお願い申し上げます。

トラックレコードだけを送られても添削のしようがありませんので、必ずトレード内容をチャートに起こして送るようにしてください。また実際にエントリーした日から2週間以上経過してから、トラックレコードの検証をしてください。

こうすることにより、決済した後にどのような値動きになったのかを確認できます。利食いが早過ぎてはいないか、または損切りとなったが結果的には思惑方向に相場が進み、狙いは正しかったが短期的にツキがなかっただけということを理解することができます。さらにはエントリーさえしていれば利益確定できていたはずのルールに合致するチャンスがあれば、何故エントリーできなかったのか自分自身を振り返ってみてください。出掛けていただけなのか、体調を崩してチャートを見れなかったとか、家事をやっていたとか、ビビってIFDを解除してしまった、とかです。

おススメの検証スケジュールとしましては、毎週土曜日か日曜日に2週間前のトラックレコードを1週分ずつ再検証することです。1週分のトラックレコードの再検証なんて、すぐに終わりますよ。

検証チャートの作り方は下記の通りです。

このページはコンサルティング受講生のみ閲覧可能なページです。
認証パスワードを入力してご覧ください。

関連記事

  1. コンサルティング料金の支払い回数変更のお知らせ

  2. 2018年11月10日(土)~11日(日)のコンサルティング終了

  3. 2019年2月2日(土)~3日(日)のコンサルティング終了

  4. 2019年8月10日(土)~11日(日)のコンサルティング終了 立ちコ…

  5. 2018年3月3日(土)~4日(日)のコンサルティング終了

  6. 日足がピアノの鍵盤になったら要注意

  7. 2019年9月21日(土)~ 9月22日(日)のコンサルティング終了

  8. 2019年11月9日(土)~ 11月10日(日)のコンサルティング終了…

ARCHIVES

PICK UP

  1. FX

  2. 週刊ビデオレター

  3. トレード成績

  4. コンサル生の月間成績

  5. トレード成績

NEWS POSTS