2019年11月度の成績

とりあえずブログランキングのクリックをよろしく!

2019年11月度の成績

8勝 5敗 勝率 61.5% 合計 +843.7pips
(全通貨ペアを100Lotsに固定して取引)
平均利益幅 +111.0pips
平均損切幅 -8.9pips
損益比率 12.5:1

第1週

第2週

第3週

第4週

第5週

合計

通貨ペア別

曜日別

週別

コメント

2019年11月度の成績については個人的に〔上手く捌けたな!〕と納得している。あの値動きでこの成績なら上等だ。

2019年10月に相場が大きく動いたから、11月は限定的な値動きになることは想定していた。案の定、大したボラが出なかった。いつもそう、値動きの良かった週の次の週は値動きが鈍くなり、値動きの良かった月の次の月は値動きが鈍くなるもんだ。

こういう時の対処法は、値動きを追いかけないこと。少しでもトレンドが出たらもう遅い。値動きの初動だけに狙いを定めるんだ。そうしなければ、あんたがエントリーした瞬間、既に含み益を出したトレーダーの利食いにあんたのポジションが食われることになる。値動きの良かった月に利益を取り損ねたトレーダーは、その翌月にエントリーしまくってボコボコにやられる傾向がある。大きな値動きが出た後は必ず数日から数週間の小康状態になる。ボラのないレンジ相場だから、一発でデカく抜くようなトレードを狙っても上手く行かない。だから意識的に引っ張らないよう利食いを意識した。

結局、利幅っていうのは相場に依存するものであって自分ではコントロールできないもの。エントリーと損切りをしっかりコントロールすべきです。

値動きが出る前のレンジ相場で仕込んでおいて、〔運良く〕値動きが出た場合に〔結果としてトレンドの初動でエントリーしていた〕ということが後になって分かる。つまり、エントリーするまさにその瞬間は、この先どうなるかなんて分からない状態でリスクを取るもの。ダメなら小さく損切りすればいいんだ。

初心者は

〔損切り=失敗〕

と考える。

だが、俺からすれば

〔損切り=成功〕

だ。大きな含み損になる前に小さく損切ってタネを守ったんだ。次のチャンスの為にタネを温存して、虎視眈々と待てばいい。

『待てない性格なんです!』

という奴もいるが俺から言わせれば、

『あ、そう。じゃ、勝手に死ね!』

だ。待つことはトレーダーの基本業務。待つことなく相場で勝つ方法はない。〔優位性のある相場〕が来るのを我慢強く待つ。これがトレーダーのあるべき姿です。もし〔優位性のある相場〕が理解できないのであれば、まだまだ売買ルールの理解が足りないか、チャートの見立てが鈍いのが原因だ。最低でも10,000時間はチャートを見ないと相場の見立てなどできっこない。

確実に勝てる相場だけを狙おうとする者、相場の未来を予測しようとする者は、いつまで経ってもトレードの腕が上がらない。〔優位性のある相場〕だけを狙ってリスクを取っても勝ちトレードと負けトレードはランダムに分布する。だけど損失を限定的にするからトータル収支をプラスにすることができる。このあたりは数学(確率)的な思考が必要なんだが、視野の狭い者は俺の言ってる意味など分からないだろう。1000人中の一人に俺の言葉が響けば、このブログが存在する価値になるだろうね。

2019年の年間成績

115勝 126敗 勝率 47.7% 合計 +14,724.5pips
(全通貨ペアを100Lotsに固定して取引)
平均利益幅 +135.3pips
平均損切幅 -6.6pips
損益比率 20.5:1

Total Pips

Currency Pair

Date

Week

Winning Percentage & Risk Reward Ratio

Win & Lose Per Currency Pair

ここから先はコンサルティング受講生のみ閲覧可能なページです。1ヶ月間の全トレード内容を限定公開しています。ただし、トレード詳細のダウンロード有効期限は本日より1週間となります。

関連記事

  1. 2017年12月18日(月)のトレード

  2. 2019年8月度の成績

  3. 2018年1月15日(月)~19日(金)のトレード

  4. 2017年11月7日(火)のトレード

  5. 2017年7月26日(水)のトレード

  6. 2017年9月11日(月)のトレード

  7. 2017年11月3日(金)のトレード 米国失業率発表

  8. 2017年6月27日(火)のトレード

ARCHIVES

PICK UP

  1. FX

  2. 週刊ビデオレター

  3. トレード成績

  4. コンサル生の月間成績

  5. トレード成績

NEWS POSTS